小顔と綺麗な肌を手に入れるために取り組んでほしいリスト【2017年版】

ボトックス注射で小顔をゲット

ボトックス注射で表情じわを目立たなくしたり、エラの張った顔を小顔にすることが可能です。

ボトックスを注射することで表情じわをなくすことができることは広く知られており、美容クリニックの人気施術です。表情じわを減らすだけでなく、小顔になりたい時も、ボトックスは活躍します。どんな顔形の人が、ボトックス注射によって小顔になることができるでしょう。

ボトックスを注射して小顔になれるのは、もともと顔が大きく見える理由が筋肉が張り出している人であることが前提です。エラの張った顔立ちの人が、ボトックス注射をして小顔になりたいという場合は、高い効果が期待できます。ボツリヌス菌からできる毒素が、ボトックスの原材料になります。

神経に働きかけることで、筋肉が動かないようにすることができます。ボトックスを注射した部分の筋肉は動かなくなりますので、徐々に衰えて弱っていきます。例えばエラが張った顔は、咬筋という筋肉が強い状態になっているので、ボトックスを注射して咬筋を少なくします。顔に筋肉がついていて、そのせいで小顔になることを妨げている人でなければ、ボトックスは無意味です。

咬筋など顔を構成している筋肉が動かなくなれば、顔が小さくなるという特性がある顔でなければボトックスは効果を発揮できません。担当医師の判断や技術でも仕上がりは変わりますので、もしも小顔になるためにボトックスを利用するなら、クリニック選びをきちんと行いましょう。

顔の筋肉を鍛えることが小顔につながる

顔の体操をして小顔になりたいというのは女性なら誰でも思うことでしょう。とはいえ、ダイエットで顔についた脂肪を落とすことはなかなか難しいのが現状です。

ダイエットのやり方を誤ると、頬がこけてしまって、実年齢以上に年老いて見えることもあります。多くの人が、小顔になるには何がいいのかに頭を悩ませています。骨を削る美容整形はなかなかできることではありません。顔を引き締めて小顔になるために、顔面筋の筋トレをしているという人もいるようです。

顔も体と同じように、顔の体操をすることで顔の筋肉を鍛えれば、小顔になる効果が期待できるのです。目と口に意識を集中させ、顔のパーツ全体を思いっきり左に寄せて、この状態を30秒間キープします。

さらに同じように、顔のパーツを思いっきり右に寄せるようにして、この状態を同じく30秒間キープ。右が終わったら上向きに30秒、次に下向きに30秒と、寄せる場所を変えながら筋肉を刺激します。各方向へ力を入れ終わったら、ラストでは中心に向けて力を入れます。目や口を閉じパーツを中心で10秒保持してから、一気に目や口をあけます。

顔の筋肉の引き締めと、皮下脂肪の燃焼を促すには、この表情筋を使った体操を毎日続ける方法がおすすめです。小顔になれる方法は、毎日続けることが大切なので、途中で辞めてしまうことなく、根気よく続けることで効果が出てきます。
無添加の洗顔石鹸で肌への刺激を抑えよう

低刺激の無添加石鹸は敏感肌や乾燥肌の人にはおすすめです。

ですが無添加石鹸は低刺激な分汚れが満足に落ちなかったりすることもあるものです。肌が汚れていて肌の汚れを落としたい時はしっかりと洗浄効果のある洗顔や石鹸を使用します。もしも、肌荒れがひどくなっていたり、乾燥肌が進んでいる場合は、無添加石鹸を使って刺激が強すぎないようにします。

無添加の石鹸は無添加のものなりのメリットがあるので、メリットを活かすように用途に応じて使い分けることも必要です。顔を洗ってから、どんなスキンケアをするかも重要です。洗顔後に肌が突っ張った感じがするという人もいます。洗顔した後に突っ張るような感覚が残ったり、保湿が足りていないと感じるようであれば、保湿化粧水などで肌を整えるようにします。

無添加石鹸は安全に使うことができるのが最大のメリットです。余分な美容成分が配合されていないので、肌に必要な美容成分を補うことは出来ないので、場合によっては洗顔後のケアが必要になります。

もしも、美容成分がお肌に不足しているという時は、化粧水や、美容クリームなどを使うようにしましょう。美容成分を適度に補い続けることは乾燥肌の予防ケアにもなりますし、肌の調子を良くする効果も期待できます。お肌のコンディションをチェックしながら無添加の洗顔石鹸を使い、必要に応じて保湿成分や美容成分を補うようにしてください。
フェイシャルエステは毛穴の開きにおすすめ

フェイシャルエステを受けたことはありますか?

エステで受けることができる施術は色々なものがあり、いずれもきれいになるためのものです。フェイシャルエステは、顔の皮膚をよりよいコンディションにするものです。

フェイシャルという美容施術は、おおざっぱにいうと顔のラインがゆるくなってきた、毛穴が気になるという人のためのケアをするコースです。

年齢を重ねると誰でも肌のハリが無くなってきて毛穴が目立つようになります。エステでフェイシャルケアを受けるのは、自宅でできるスキンケアでは加齢による肌の変化は留められないためです。

肌の若返りを目的としたフェイシャルケアを施してもらうと、格段に違いが現れるようになります。エステでは、家庭ではできないスキンケアを受けることができるだけでなく、エステでなければ変えないようなスキンケア用品も購入可能です。よりきれいなお肌になるためには、エステでなければ変えない基礎化粧品を買っておくのもいい方法です。

フェイシャルエステの値段をくらべてみると、サロンによって差があり、均一ではありません。自分にとってどういうサービスが良いのか、それぞれのエステサロンに問い合わせて確かめることが大切です。エステのフェイシャルコースは、顔のお肌の状態を改善したいという人に適した施術です。
低刺激の化粧品でにきびの肌ケア

ニキビ一つあるだけで自分に自信を無くしてしまう人は多いと思います。

周囲からも自分に対してのイメージがダウンしてしまうこともあるでしょう。人と会った時にすぐに気づかれてしまうような場所に大きなにきびができることもあるので、ケアの必要性は高いものです。食事内容を見直したり、健康的な生活を心がけたり、正しい洗顔をすることで、にきびを未然に防ぐことができます。

気がついたらにきびがあったという場合は、にきびを悪化させないように刺激を控えましょう。にきびを気にして、指先で何度も触ったり、爪で押したりしているとにきびが悪化しかねません。化膿や、腫れができている場所を指先で触れていると、ますます症状が進行してしまう場合もあり、要注意です。

化粧品などで肌ケアをする場合にも、できるだけ刺激を与えないように注意しましょう。にきびができている場所に対しては、メイクは極力しないほうがいいこともあるようです。もしもにきびがあるなら、刺激の少ない化粧品を使って、できるだけ刺激しないようにすることです。

肌の健康を守るためには、普段から肌への負担が大きくならないスキンケア用品を選ぶことや、肌の乾燥対策に気を配っておくことがポイントです。にきびケアのためにも、食生活の見直しや、生活習慣の改善、肌のお手入れに力を入れましょう。ビオチンの過剰摂取には注意